【「愛され続ける函館市電とハイカラな建物の魅力展」見学記〈1〉〕

6月25日(土)、久しぶりに函館市電に乗って家内と二人で市立函館博物郷土資料館〈旧金森洋物店(明治13年創業・北海道指定有形文化財)〉に行き、6月10日の『路面電車の日』にちなみ開催中の「愛され続ける函館市電とハイカラな建物の魅力展」を見学してきた。今回は、市企業局から提供された「馬車鉄道&路面電車パネル」や「路線図」、旧金森洋物店をバックに走る「箱館ハイカラ號写真」などを展示、また同時に、同資料館を描いた地元の版画家の作品や同じく地元のイラストレーターの市電ペン画絵はがき等も展示していて中々面白かった。そして帰りには、「北海道第一歩の地碑」と「新島襄ブロンズ像」に寄って帰ってきた。

●市立函館博物館郷土資料館(旧金森洋物店)の外観①IMGP1544.JPG
●市立函館博物館郷土資料館(旧金森洋物店)の外観②IMGP1543.JPG
●市立函館博物館郷土資料館(旧金森洋物店)の外観③IMGP1525.JPG
●市立函館博物館郷土資料館(旧金森洋物店)の中①IMGP1534.JPG
●市立函館博物館郷土資料館(旧金森洋物店)の中②IMGP1535.JPG
●市立函館博物館郷土資料館(旧金森洋物店)の中③IMGP1536.JPG
●市立函館博物館郷土資料館(旧金森洋物店)の中④IMGP1537.JPG
●市立函館博物館郷土資料館(旧金森洋物店)の中⑤IMGP1538.JPG
●市立函館博物館郷土資料館(旧金森洋物店)の中⑥IMGP1539.JPG
●市立函館博物館郷土資料館(旧金森洋物店)の中⑦IMGP1526.JPG

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック